アントシアニンと毛細血管

アントシアニンと毛細血管

アントシアニン毛細血管の保護や強化に効果が期待されています。

 

 

アントシアニンといえば、視力にたいしての効果は有名ですが、
毛細血管にたいしての効果については、あまり知られていません。

 

 

毛細血管とは、細動脈と細静脈を結ぶ網目状の血管で最も細い血管で、
心臓に送られた酸素やグルコースなどの栄養素、ビタミン、ミネラルなどを
体中の細胞や臓器に運ぶことを役割としています。

 

 

また、毛細血管は細胞から
二酸化炭素や老廃物を回収するのも重要な役割のひとつです。

 

 

つまりは、供給と回収の二つの役割を果たしているのです。

 

 

この毛細血管は、直径が9〜10マイクロメートル程で、
極細なうえに、最弱級の弱さを誇っています。

 

 

不規則な生活や偏食を続けると、毛細血管自体が死滅しやすくなります。

 

 

毛細血管は内側の内皮細胞と外側の壁細胞の二つの層で構成され、
体内の全血管のうちの約99%を占めています。

 

 

先ほど記述した通り、毛細血管は体内の細胞へ栄養分や
酸素を送り届けたり、不要な老廃物を送り出してくれる唯一の血管です。

 

 

様々な影響によって、毛細血管が死滅してしまうと、
体中の細胞に栄養が届かなくなり、細胞の働きが低下して、
皮膚の再生能力も失われ、皮膚や体の老化が進みます。

 

 

また、毛細血管が減ってしまうとコラーゲンを作り出す細胞が減少し、
シミやシワ、たるみができやすくなってしまいます。

 

 

顔の肌の質は毛細血管で変わるといっても
過言ではないくらい毛細血管の影響を受けており、
顔の見た目の約8割を左右します。

 

 

また、毛細血管が減少すると男女問わず困ったことが起こります。

 

 

それは、ハゲ、薄毛、脱毛です。

 

 

ハゲ、薄毛、脱毛で悩んでいる方の頭皮を調べると、
健康な頭皮の方と比べ、頭皮の毛細血管の数が桁違いに違うのです。

 

 

ハゲ、薄毛、脱毛の方は、頭皮の毛細血管が少ない状態にあります。

 

 

また、毛細血管は内臓にも重要な血管で、
毛細血管が少なくなると、臓器の機能低下、脳機能の低下、
血行不良、血圧などの血管疾患の原因にもなります。

 

 

アントシアニンには、この毛細血管を保護・強化する効果があります。

 

 

ちなみに、目にも毛細血管が大量にありますので、
アントシアニンは目の健康だけでなく、体中の健康にも有効な成分です。