アントシアニンを含む食品

アントシアニンを含む食品

アントシアニンはどのような食品に含まれているのでしょうか?

 

 

アントシアニンは食品でも摂取できる成分で、
人の目の健康や様々な効果・効能を得るためには不可欠の成分です。

 

 

アントシアニンが含まれる食品で有名なのがブルーベリーです。

 

 

これは、常識といって良いほど知っている方が多いですね。

 

 

ただ、ブルーベリー以外の食品で、
アントシアニンが多く含まれている食品があることを知っている方は少ないはずです。

 

 

どのような食品に、アントシアニンが含まれているかをみてみましょう。

 

 

◆アントシアニンが含まれる果物

 

クランベリー(苔桃)
ボイセンベリー
スグリ(ベリーの一種、別名カシス)
ハスカップ
ブルーベリー
ブラックベリー
プルーン
ビルベリー
アサイー
ブドウ
ラズベリー
リンゴ(赤)[4]
イチゴ

 

 

◆アントシアニンが含まれる野菜

 

クワ
ムラサキキャベツ(赤キャベツ)
ナス
黒米
黒大豆(黒豆)
黒ゴマ
有色サツマイモ(特にムラサキイモ)
ダイショ(ベニイモ)
アナスタシアブラック(ピーマンの一種)
ツバキ
小豆
赤たまねぎ
紅蓼
赤シソ

 

 

◆食品からのアントシアニンの摂取方法
アントシアニンは、上記の食品から摂取することができます。

 

そんなアントシアニンですが、
1日の摂取量は約40〜90mg以上が望ましいとされています。

 

食品から、アントシアニンを1日分40〜90mgを摂取する場合、
以下の分量のブルーベリーを毎日食べなければなりません。

 

・生食 約60g 〜 300g(両手いっぱいくらい)
・乾燥ブルーベリー 約 12g 〜 25g
・ブルーベリージャム 約 40g 〜 90g

 

また、ブルーベリー以外ではどれくらいの摂取量になるのか見てみましょう。
(食品100g当たりのものを示しました。例 ブルーベリー 89mg)

 

・ビルベリー  約340mg
・クランベリー 約390mg
・ラズベリー  約40mg
・アサイーベリー 約415mg
・黒豆   約140mg
・紫芋   約370mg

 

結構食べなければ、理想のアントシアニンの摂取量は摂取できません。

 

これらの食品を毎日、効率的に摂取できるかといえばどうでしょうか?

 

良くて一週間ぐらいが続く限度でしょうか。

 

だからといって、サプリメントだけが良いとは限りません。

 

これらの食品には、アントシアニン以外にも、
ビタミンミネラル酵素など様々な栄養を摂取できるのです。

 

そのため、サプリメントだけでなく、
食品からもアントシアニンを摂取するようにしましょう。