アントシアニンと緑内障

アントシアニンと緑内障

アントシアニン緑内障の予防に効果が期待されています。

 

 

緑内障とは、視神経に障害が起こり、
視野が徐々に狭窄してくる(狭くなる)病気のことで、
治療が遅れると失明に繋がる重篤な病気です。

 

 

ちなみに、40歳以上の20人に1人の割合で緑内障を発症していると考えられており、
中途失明の原因としては糖尿病由来のものを除いて、日本での失明原因第1位の病気です。

 

 

緑内障の進行は非常にゆっくりで、
自覚症状がわかりにくく、少しずつ視野が範囲が狭くなっていき、
おかしいぞと気が付いたときには、かなり進行している状態になります。

 

 

そもそも、緑内障による視神経障害は、
眼圧(目の硬さ)が上昇することによって引き起こされます。

 

 

この眼圧(目の硬さ)の上昇は、
目の中の房水の分泌と排出のバランスが崩れると起こるとされています。

 

 

また、最近では、もともと眼圧が高くないのにもかかわらず
緑内障を発症している方が増えているとされています。(正常眼圧緑内障)

 

 

この正常眼圧緑内障の原因は、活性酸素による酸化だとされています。

 

 

活性酸素によって視神経が傷つけられると機能が弱まり、
緑内障の症状を引き起こすといわれているのです。

 

 

緑内障は症状によって、慢性緑内障と、急性緑内障に分けられます。

 

 

慢性緑内障の場合の症状は、視野欠損ですが、
症状がかなり進行しないと自覚症状がなく、異常に気づかないことがあります。

 

 

また、、一度欠損した視野は元に戻すことはできません。

 

 

急性緑内障では、急激な眼圧の上昇により、
頭痛や吐き気、眼痛、充血などの症状が見られます。

 

 

アントシアニンは、強力な抗酸化作用もっていますので、
活性酸素から視神経・網膜などの細胞を守ってくれます。

 

 

また、アントシアニン自体も視神経の繋がりを良くしてくれる効果があります。

 

 

さらに、アントシアニンには目の毛細血管の血流を促進し、
目に栄養や酸素などを運搬しやすくする効果も期待できます。

 

 

このように、アントシアニンは緑内障の予防や進行の抑制に効果が期待できます。

 

 

緑内障の予防には、アントシアニンだけでなく、
ルテインやアスタキサンチンを併用すると、さらに効果的です。