アントシアニンと抗酸化作用

アントシアニンと抗酸化作用

アントシアニンは、抗酸化成分を有するポリフェノールの一種で、
「活性酸素」の生成を抑制する働きがあるといわれています。

 

 

この活性酸素が体を酸化させる一番の原因とされていますが、
酸化とは、簡単にいえば、体が錆びること、つまりは老化です。

 

 

ところが、酸化の原因とされているのが、
人間が生きていくうえで必要不可欠な「酸素」なんです。

 

 

例えば、金属の錆は、酸素と結びついて起こる化学反応の結果ですが、
酸素と人の細胞が結びつくと、人間のカラダにも同じ現象が生じます。

 

 

さらに、この酸素ですが、あらゆる原因で活性酸素に変化しやすくなります。

 

 

活性酸素とは、簡単にいえば、強力な酸素です。

 

 

本来ならば、ウィルスや細菌、カビから体を守ってくれる働きを持っていますが、
この活性酸素が過剰に増えすぎてしまうと、体を酸化させてしまうのです。

 

 

以下のような原因でも活性酸素は発生します。

 

・ 紫外線
・ 飲酒、喫煙
・ 車の排気ガス、ダイオキシン
・ 環境ホルモン
・ 殺虫剤、農薬、食品の防腐剤
・ 電磁波
・ 放射線

 

 

人の細胞が酸化すると、体の老化がどんどん進んでしまいます。

 

 

つまりは、シミ、シワ、たるみや、アレルギー、アトピー、がん、
糖尿病、動脈硬化など、見た目の老化現象や病気の原因となります。

 

 

では、この活性酸素をどうすればよいのかといえば、
この活性酸素を抑制・除去してくれる抗酸化成分の摂取が必要になります。

 

 

アントシアニンには、この活性酸素を抑制・除去する効果・効能があります。

 

 

アントシアニンの効果・効能については、視力の改善ばかりが宣伝されていますが、
アントシアニンも、そのほかの抗酸化成分と同じように、体全身に抗酸化作用があります。

 

 

そのため、視力だけでなく、シミやシワ、たるみの予防や
動脈硬化、がん、アトピーなどの予防にも効果・効能が期待できます。

 

 

特に、抗酸化成分の中でも、視力に特化した働きがあるので、
視力の改善とともに、全身のアンチエイジングにも効果が期待できます。