アントシアニンと白内障

アントシアニンと白内障

アントシアニンは、白内障の予防に効果が期待さえれています。

 

 

そもそも、白内障とは、眼の中の水晶体が濁ってしまう病気です。

 

 

白内障は、大抵65歳前後から発症し、早い方であれば40歳代からから発症し、
白内障の症状として、ものがぼやけて見える・かすんで見えるなどの症状が挙げられます。

 

 

ちなみに、白内障は一度発症すると、治す薬はありません。

 

 

病院から処方箋としてもらう目薬は、進行の予防の役目しかありません。

 

 

それでも、症状が酷くなった場合、最終的には手術の方法しかありません。

 

 

白内障の原因は、加齢、紫外線、糖尿病などの疾患、薬剤の副作用などです。

 

 

一番の原因は加齢ですが、それ以外の大きな原因は紫外線だといわれています。

 

 

人は、紫外線を浴びると、酸化により老化が進みやすくなります。

 

 

酸化とは、金属が錆びるのと同じように、体内の細胞が錆びてしまう現象です。

 

 

つまりは、通常の加齢だけでなく、紫外線の酸化による加齢も白内障を加速させるのです。

 

 

アントシアニンには、強力な抗酸化作用にあり、
その抗酸化作用によって、白内障を予防する効果があるとされています。

 

 

目の水晶体は、紫外線を直接浴びる部分でもあるので、
紫外線による酸化のダメージを受けやすい部分でもあります。

 

 

紫外線による水晶体の酸化は、
白内障における水晶体の濁りの大きな原因になります。

 

 

アントシアニンの強力な抗酸化力が、
を紫外線ダメージから水晶体を守ることによって、白内障の予防になります。

 

 

また、抗酸化作用は体の老化を遅くする効果もあるとされているので、
直接的な加齢による老化の抑制にも効果が期待されています。

 

 

実際のマウス実験においても、マウスにアントシアニンを与えたところ、
白内障の進行がゆるやかになったとい研究結果もあるとされています。

 

 

白内障は老化による病気のイメージが強いですが、
紫外線による水晶体の酸化は、極端に言えば、
生まれてからすぐに進行するといっても過言ではありません。

 

 

そのため、年齢が若くても、将来を見据えて、
アントシアニンを早い時期から摂取することをおすすめします。