アントシアニンの効果・効能

アントシアニンの効果・効能

アントシアニンには、様々な効果効能があります。

 

 

特にアントシアニンと言えば、ブルーベリーが有名ですが、
カシス、ナス、紫イモ、紫キャベツ、黒豆、あじさいなどにも豊富に含まれています。

 

 

その中でもブルベリーは、含まれるアントシアニンの種類が多く、
約15種類ほどのアントシアニンを含んでいるとされています。

 

 

また、通常のブルーベリーよりも、
野生種のビルベリーの方がアントシアニンの含有量や質が良いとされています。

 

 

◆視力改善効果
アントシアニンは、ロドプシンというタンパク質の再合成を促進します。

 

ロドプシンとは、目の網膜にある紫色の色素で、
これ光が当たる事によって生じる信号が脳に送られて「見える」と認識されます。

 

ロドプシンは光にあたるとビタミンAに分解され、もう一度ロドプシンに再合成されますが、
長時間目を使い続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。

 

ロドプシンが減少すると、眼精疲労や視力の低下を招きます。

 

アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進し、
眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされています。

 

また、アントシアニンには、網膜の毛細血管の保護・強化、血液循環の向上、
角膜・水晶体などに含まれるコラーゲンを安定作用もあります。

 

それ以外でも、夜間の視覚機能、暗順応機能を促進します。

 

 

◆糖尿病性網膜症の予防
糖尿病の合併症のひとつに、糖尿病性網膜症があります。

 

これは、異常な血管新生の影響で、
網膜が毛細血管で覆われてしまい、結果として視力を失うという症状です。

 

アントシアニンの一種、デルフィニジンには、
この毛細血管の異常を正常化して、網膜症を予防する効果があるとされています。

 

 

◆抗酸化作用
アントシアニンには、強力な抗酸化作用があり、
体内の活性酸素を除去する効果・効能が認められています。

 

活性酸素は、過剰に発生するとガンや脳卒中、動脈硬化の原因になります。

 

抗酸化物質で有名なビタミンCよりも、アントシアニンは強力だとされています。

 

 

◆コラーゲン安定作用
アントシアニンにはコラーゲンを安定させる作用があります。

 

コラーゲンは、皮膚の弾力性、骨の柔軟性、軟骨の保護、
目の角膜や水晶体など体のあらゆるところに存在しています。

 

アントシアニンはコラーゲンの合成を促進する作用が認められています。

 

 

◆毛細血管保護・強化作用
アントシアニンの中のデルフィニジンという物質には、
目の網膜に張り巡らされた毛細血管を保護・強化する効果があります。

 

 

◆そのほかのアントシアニンの効果・効能
・抗炎症作用
・肥満・メタボリックシンドロームの予防
・花粉症対策
・冷え性の改善
・アンチエイジング
・肝機能の改善効果