アントシアニンの摂取方法

アントシアニンの摂取方法

アントシアニンは、どのような摂取方法があるのでしょうか。

 

 

ブルーベリーの有効成分であるアントシアニンは、様々な効果・効能があります。

 

 

そのため、毎日手軽にアントシアニンを摂取できる摂取方法が理想です。

 

 

アントシアニンの摂取方法として、食品からの摂取方法と
サプリメントからの摂取方法の2通りになると思います。

 

 

◆食品からのアントシアニンの摂取方法
食品から、アントシアニンを1日分40〜90mgを摂取する場合、
以下の分量のブルーベリーを毎日食べなければなりません。

 

・生食 約60g 〜 300g(両手いっぱいくらい)
・乾燥ブルーベリー 約 12g 〜 25g
・ブルーベリージャム 約 40g 〜 90g

 

また、ブルーベリー以外ではどれくらいの摂取量になるのか見てみましょう。
(食品100g当たりのものを示しました。例 ブルーベリー 89mg)

 

・ビルベリー  約340mg
・クランベリー 約390mg
・ラズベリー  約40mg
・アサイーベリー 約415mg
・黒豆   約140mg
・紫芋   約370mg

 

食品から効率的にアントシアニンを摂取する場合、
ブルーベリーよりもアントシアニンの含有量が多い食品もあります。

 

これらの食品を毎日、効率的に摂取できるかといえば、どうでしょうか?

 

良くて一週間ぐらいが続く限度でしょうか。

 

 

◆サプリメントからのアントシアニンの摂取方法

 

サプリメントでアントシアニンを摂取する場合でも、
目的とする1日分の摂取量は同じく40〜90mlとなります。

 

サプリメントで摂取る場合のメリットは、
・食品みたいにがんばって食べる必要がない。
・毎日、同じ摂取量を維持することができる。
・食品の摂取に比べ、経費が安い。
・アントシアニンだけでなく、ルテインやDHA,
 アスタキサンチンなど、そのほかの成分も摂取できる。

 

ただし、注意する点もあります。

 

製品の成分表示に、ブルーベリーエキスと表記されているのか、
アントシアニンと表記されているのかで、摂取量が異なってくるというところです。

 

サプリメントに何mgのブルーベリーエキスが含まれるかという表記がありますが、
アントシアニンはそのエキスの3分の1〜4分の1程度しか含まれません。

 

一般的に推奨されている1日の摂取目安量はアントシアニンを25%以上含む
ブルーベリーエキスを120〜250mg、アントシアニン換算量で40〜90mg程度の製品がよいでしょう。

 

サプリメントでアントシアニンを摂取する場合は、成分表示の記載に気をつけましょう。

 

 

◆結局どっちの摂取方法が良いのか。
食品には食品のメリット、サプリメントにはサプリメントのメリットがあります。

 

食品のいいところは、自然な形で安全にアントシアニンを摂取できるというところです。

 

この部分を生かして、サプリメントとの併用が理想的だと思います。

 

そのため、必ずどっちが良いのかということはありませんので、
食品とサプリメントの良いところを利用して、アントシアニンを摂取しましょう。